1. HOME
  2. 川崎
  3. 『怒濤』講習

レッスン内容

怒濤演奏写真

怒濤
 解き放たれた濤声 荒波の如く

『怒濤』とは … 1999年渡辺洋一氏(太鼓集団天邪鬼代表)作調による組太鼓曲。
波は様々な声を持っている。ささやき、呼びかけ、叫び・・・。 自由に解き放たれた濤声は、怒濤の如く押し寄せる荒波でありたい。
天邪鬼が蓄えてきたエネルギーを一挙に爆発させた一曲です。 攻撃的ともいえるように展開される音の流れを、肌でとらえてください。
邦楽アカデミーの『怒濤』講座では、作調者でもある渡辺洋一先生直々指導のもと、楽曲稽古を通して和太鼓に必要な心技体を学べます。

講師紹介

講師:渡辺洋一

渡辺洋一(太鼓集団天邪鬼 代表/関八州太鼓連合 会長/東京都太鼓連合 会長)

天邪鬼を主宰する渡辺洋一は幼少の頃から和太鼓の魅力に魅せられ、 1976年に日本初和太鼓プロ集団である助六太鼓に入門。 以後10年間を中心的プレイヤーとして活動する。 その後、確実なる和太鼓の基礎を携え、新しい和太鼓音楽の確立を目指し、 1987年太鼓集団天邪鬼を発足する。 以後、和太鼓音楽を広げようと模索。
設立の翌年1988年に発表した 天邪鬼パフォーマンス”The Unknown World”は、 シンセサイザーやパーカッション、ドラムス、小鼓、などの多彩な楽器を和太鼓に組み入れた。 ジャンルの壁を飛び越えたこの曲は以降5年に亘り、世界各地の万博などで “日本の未来の音楽”として紹介される。 多彩な楽器のフュージョンの経験を経たのちに原点回帰に至り、 “創造する伝統”(伝統を踏襲しつつ新たな伝統として、音楽と認められる和太鼓音楽を創造、伝 えてゆく)を理想に、武人・怒涛・若武者・魂の響き・五色の太鼓・開運などの和太鼓のみの楽曲 を作曲し続ける。
一方で、全国各地のふるさと活性化、青少年の育成等を目的として創作和太鼓の作曲指導を手掛け、数多くの 和太鼓チームの指導者として活動を続けている。 1998年から2003年までの6年間には大太鼓一人打ちコンテストにおいて全国チャンピオンを10度にわたり輩出した。 2003年度には、その高い指導力が認められ、文化庁から特別顧問・文化交流使を任命され、海外へ派遣される。 また、(公財)日本太鼓財団のブラジル支部設立のために2004年から毎年1ヶ月間の遠征指導を行い、 2008年度にはブラジル移民100周年記念行事で千人太鼓演奏のために尽力をつくす等、国際的に和太鼓を広め る 活動を本格的に行っている。


公式サイト : 太鼓集団 天邪鬼 amanojaku

講習日程

次回日程

9月22日(金) 初伝19:00~20:30・中伝20:30~22:00

今後予定している日程 

H29. 9/22 10/27 11/24 12/22
H30. 1/26 2/23 3/23 4/27 5/25

※ 講師の都合などにより変更となることがございます。
※ 変更は蒲田・川崎各スタジオ内およびWEBでのお知らせになりますので、必ずご確認ください。

参加方法

参加費用

  • 邦楽アカデミー会員価格:¥6,480/1回(本体価格¥6,000) → 邦楽アカデミーの入会案内をお読みください
  • 外部(一般)参加:¥10,800/1回(本体価格¥10,000)
  • 予約時または受講当日にスタッフまでお支払いください。

参加は予約制です

  • 参加希望の方はスタジオにて直接スタッフまでお申し付けいただくか、電話・メールなどにてご連絡ください。
  • 完全予約制です。前日までに必ずご予約ください。

持ち物

  • バチ(長さ太さなどはご相談ください スタジオにて購入可能)
  • 動きやすい服装:Tシャツ、ジャージなど。着替えにはスタジオ内更衣スペースをご利用ください。
  • 滑りにくい室内履き:スニーカー、地下足袋など。ゴム底のものをご用意ください ※裸足は原則禁止です